ラベルの情報を紹介!

ラベルのあらゆる疑問について、下記で答えているので読んでみると良いでしょう。それにより、ラベルの色んな情報を知ることが出来ますよ。

ラベルの疑問を解消していこう!

ラベルの種類は、どのようなモノがありますか?

ラベルは、食品の名前などの情報が記載されている食品用ラベルや危険を注意している工業用ラベルなどがあります。

ラベル印刷とは、何でしょうか?

業務用として、多くの量のラベルを製造や加工することをラベル印刷と言うようです。ラベル印刷は、1色だけの印刷やロール状に印刷する方法をとることが多くなっています。

大量にラベルが必要な場合、何処に印刷を依頼すると良いのでしょう?

ラベル印刷(シール印刷)を行っている専門の業者があるので、そこにラベル印刷を頼むと良いようです。その中には、ネットで受付可能な所もあるので、確認してくださいね。

ラベル印刷する前にラベルについての情報を知ろう

ラベル・ステッカー・シールの違うこと

商品などの内容が分かりやすくする目的で使用されるラベル。ラベルは、宣伝目的や飾る目的で作られているステッカーと似ていますが、ラベルは室内用でステッカーは屋外用と違う使われ方をしています。また、これらのステッカーとラベルを入れた糊の付いた紙のことをシールと言うようです。そして、ラベルの中には、商品に使われるラベルを名札ということもあり、包装などに貼るラベルを貼り札と呼ぶこともあるので、間違えないようにしてくださいね。

ラベルの使用例とは?

それがどんな用途のモノかを明確にするラベルですが、どのように使用されることがあるのでしょう。例えば、商品の成分をハッキリされる目的で使用されたり、商品の金額がいくらかを確認出来るために使用されたりすることが多いようです。それに、商品がお得に割引されている証明のために使用されることもあります。また、玩具の使い方を子供が間違えないように、注意点を書いたラベルもあるようです。この様な使い方をするラベルが必要な場合は、ラベル印刷を行って、必要な用途ごとにシールタイプと糊付けタイプにすると良いでしょう。

使いやすいラベルの素材を選ぼう

ラベルの素材には、ツヤがある用紙とツヤの無い用紙があります。ツヤがある用紙の場合、ラベルを壁や天井などに貼る際に、反射してラベルに書いてあることが見えなくなることもあるようです。なので、ツヤのない用紙を使用してから、壁や天井などにラベルを貼り付けましょう。そして、表紙がザラザラとしている用紙の場合でも稀に見る角度などにより、ラベルの情報が見えないこともあるようです。ですから、ラベルの素材に使用する用紙は、吟味して選ぶようにしてくださいね。

ラベルの情報は適したことを記載しよう

記載されている情報が分かりづらかったらラベルの意味がありません。そのため、ラベルの情報は誰でも分かるようにする必要があります。例えば、割引に使用しているラベルだと、「定価の〇%」と記載されたらお客さんに勘違いをさせてしまうこともあるでしょう。ですから、「〇〇%引き」等のように、勘違いしにくい表現でラベルは記載すると良いですよ。そして、そのラベルを使用する場所は、その用途に適した場所に貼り付けるようにしましょう。

シール